AGA治療などに国民健康保険が利かない理由

国民健康保険が適用されなく、全額自己負担になる医療行為を自由診療と言います(自費診療と言う事もあります) さて、世界的にも有名なバイアグラを買いたいという場合、病院で処方してもらうのが一般的なんですが、その場合には先述した自由診療扱いとなります。 製薬メーカーであるファイザーも日本の厚生労働省に対して、保険診療扱いにしてくれ!と何度も申請はしてきたのですが、一環してAGA治療は自由診療です。 ファイザーとしても、バイアグラの処方が保険診療扱いになってくれれば、各病院で処方される数も増えて、製薬メーカーとしては非常に「おいしい」のは間違いないからです。しかし今後もおそらくAGA治療が保険適用になることは無いでしょう。 では何故バイアグラの購入(AGA治療)が自由診療になってしまうのか? 規定では「美容整形」「歯科矯正」「生活改善薬」等は保険が効きません。それはすなわち「治療行為を行わずとも健康被害をこうむる恐れが少ない」からです。 患者の自己満足の為に保険は使わせません!という姿勢ですね。 AGA治療も、子作りやメンタルヘルスの為に必要になる事はありますが、治療せずとも健康に被害は無い場合がほとんどですよね? このような経緯がバイアグラ処方が保険適用外となっているゆえんなのです。